×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

美味しい恵方巻を通信販売で購入する
恵方巻ってご存知ですか?コンビの恵方巻よりこっちの方がお勧めです!

【購入者の感想あり】恵方巻を通販サイトで購入できます!
恵方巻を通販サイトで購入する前に購入者のコメント

新着順に恵方巻を紹介しています。
恵方巻を新しい順番に新着順に紹介、販売を行っている通販サイト

高級で格別に美味しい恵方巻をお探しですか?
恵方巻を通販で購入するにしても多くありますが、ここでは高級な価格が高い順番に恵方巻を紹介しています。

恵方巻を自分で作るのがオススメ!

このホームページでは、恵方巻のレシピ・作り方についてを中心とした内容を紹介してみたいと思います。
恵方巻は、最近では、セブンイレブンやローソンなどのコンビニエンスストアやスーパーマーケット、お寿司屋さんなどのような所でも販売されているので、自分で作るよりも買ったほうが楽で良いかもしれませんが、ここでは、あえて自宅で恵方巻を作りたいという人に参考して頂けると良いと思います。
恵方巻をスーパーなどのお店で購入した場合には、海鮮巻きのような巻寿司を目にしますが、海鮮巻きは、豪華でおいしくて味わって食べるにはオススメですが、恵方巻として海鮮巻きを食べる場合には、太くなってしまうので、恵方巻の食べ方である黙って、切らないようにして食べるのには少しつらいところもあります。
この為、恵方巻は、自宅でシンプルな巻き寿司を作って食べた方が恵方巻の食べ方をする場合には食べやすくてオススメです。また、シンプルな巻き寿司の方が具材も少なくて良いので経済的です。

恵方巻の具材と材料

恵方巻の作り方、レシピを紹介する前に、恵方巻を作る為に必要となる具材と材料について紹介しておきたいと思います。恵方巻を作る場合には、マグロやサーモンなどを入れても良いですが、マグロやサーモンを入れると恵方巻が太くなるので恵方巻を黙って切らないように食べる分の恵方巻には入れないで、後で家族でワイワイ楽しみながら食べる場合に入れるといいのではないかと思います。
一般的に恵方巻に入れる具材、材料は、七福神にちなんで、ぱんぴょう、シイタケ、キュウリ、だし巻き、でんぶ、うなぎなどを入れる場合がありますが、ここで紹介する恵方巻に入れる具材、材料は、かんぴょう、シイタケ、だし巻き、キュウリなどを具材として作る恵方巻を紹介したいと思います。
では、恵方巻に必要な具材、材料を紹介したいと思います。ここで紹介する分量は、恵方巻の3本分になります。
【恵方巻に必要な材料、具材】
お米(2合)、かんぴょう(15g)、干しシイタケ(4枚)、卵(2個)、きゅうり(1/2本)、うなぎ(1〜2尾)、のり(3枚)になります。
また、調味料類などについては、水(150cc)、砂糖(大さじ4杯と1/2杯+小さじ1杯) 、塩(少々) 、醤油(大さじ2杯と1/3杯) 、みりん(大さじ1杯と2/3杯)、椎茸の戻し汁(200cc) 、みりん(大さじ2/3)、だし汁(30cc)、サラダ油(適量)、酢(60cc)になります。
以上が恵方巻を作るときに必要となる具材と材料、調味料ですが、好みによってマグロやサーモンなども入れても良いと思います。

スポンサードリンク

新着順に恵方巻を紹介しています。
恵方巻を新しい順番に新着順に紹介、販売を行っている通販サイト

高級で格別に美味しい恵方巻をお探しですか?
恵方巻を通販で購入するにしても多くありますが、ここでは高級な価格が高い順番に恵方巻を紹介しています。

美味しい恵方巻を通信販売で購入する
恵方巻ってご存知ですか?コンビの恵方巻よりこっちの方がお勧めです!

【購入者の感想あり】恵方巻を通販サイトで購入できます!
恵方巻を通販サイトで購入する前に購入者のコメント

恵方巻のレシピ・作り方

恵方巻のレシピ、作り方を紹介したいと思います。
まずは、恵方巻を作る場合に必要となる酢めしを作るためにお米を炊きますが、お米を炊く前にお米を30分程度水にひたして水をしみこませます。その後、炊飯器の酢めしを炊くのに必要なお水お入れてお米を炊きます。
次に、恵方巻に入れる具材を準備します。かんぴょうとシイタケは干しシイタケの場合には水に入れて戻しますが、かんぴょうについては、塩もみをしてから水に入れて戻すようにします。かんぴょうは、手で切れるぐらいになるまでゆでますが、かんぴょうをゆでる場合には、ナベに、水(150cc)、醤油(大さじ1杯)、砂糖(大さじ1杯)、みりん(大さじ1杯)を入れて水けがなくなるまでゆっくりと煮ていきます。そして、水けがなくなるまでゆでたら、のりの幅に合わせて切っておきます。
次に、シイタケにも味を付けるために、椎茸の戻し汁(200cc)、醤油(大さじ1杯と1/3杯)、砂糖(大さじ2杯)、みりん(大さじ2/3杯)と石づきを取ったシイタケをナベに入れて水けがなくなるまで煮込み、冷めてから千切りに切っておきます。次に、きゅうりは、縦に棒状になるように切ります。
次にだし巻きを作りますが、卵をまずは器に入れて十分にときほぐしておきます。十分に卵がときほぐせたら、だし汁(30cc)、塩(少々) 、砂糖(小さじ1)を追加してよくかき混ぜます。そして、卵をかきまぜたものを熱したフライパンに適量のサラダ油を入れて厚焼き玉子にします。厚焼き玉子が出来たらお皿などにとって冷ましておき、厚焼き玉子が冷めたら1cm程度の厚さの棒状に切っておきます。うなぎは、焼いているものを購入して食べやすいサイズに切っておきます。
次に、酢めしを作っていきます。酢めしを作るのに必要になる前準備として砂糖(大さじ1杯と1/2杯)と酢(60cc)、塩(一つまみ)を電子レンジに1分ていど入れて砂糖を溶かしておきます。そして、炊き上がったお米を大き目の器に入れて、うちわであおぎながら砂糖、酢、塩を混ぜたものを入れていきますが、砂糖、酢、塩を混ぜたものを入れる時には少しずつ入れていきます。お米を混ぜるときには、うちわであおぎながらヘラで切るようにしてお米と砂糖、酢、塩を混ぜていき酢めしの出来上がりです。
出来上がった酢めしをのりの上に載せていき、のりの奥は3センチ、手前は1センチ程度空けて、酢めしを均等に乗せていきます。酢めしを均等に乗せた上に、恵方巻の具材のかんぴょう、干しシイタケ、だし巻き、きゅうり、うなぎをのりの手前から1/3の部分に乗せて、のりを巻いていきます。のりを巻くときは、具材を十分におさえるようにしながら転がして巻いていくといいようです。

Copyright © 2008 恵方巻のレシピ・作り方.info